最大限貯めて最小限で飛ぶマイル獲得法

最大限貯めて最小限で飛ぶマイル獲得法

この記事では『賢くマイルを貯める方法』についてお話ししていきます。

 

私はとにかく旅行が好きで国内だけでなく海外も時間があれば行ってしまいます。

いつも、効率よく旅行に行けないか?ばかり考えてきました。

 

案外、マイルを賢く貯めれていないという相談も受けるので記事にしてみました。

 

あなたはどこの国や場所に行きたいのでしょうか?

そして、その国や場所に行くにはどの航空会社の飛行機を使わないといけないのでしょうか?

 

行きたい場所や国に行くためにはそれぞれ使う航空会社が違います。

 

アメリカ系の航空会社ではあなたが貯めたマイルを

お世話になった方や、家族、そして友人にもプレゼントしてあげれるんです!
ご存知でしょうか?

 

最大限にマイルを貯めて最小限に飛ぶ方法をあなただけに公開します

 

目次
1:マイルについて

2:マイルの考え方

3:航空会社比較

4:マイル旅行型と航空券購入型旅行

5:お得なマイル獲得サイト

6:英語がわからなくても翻訳できる方法

7:賢くクレジットカードを選ぶ

8:税金の支払いをマイルに変える裏技

 

そもそも『マイル』って何なの?

 

旅行やクレジットカードで『マイル』『マイレージ』がつきますね。

マイル(mile):本当は距離の単位のこと
マイレージ(mileage):各航空会社が提供している

ポイントプログラムの単位(マイル数)のこと。

マイレージプログラムでは

旅行や買い物で『マイル』の数が貯まります。

貯まったマイルは国内・国際線の無料往復航空券や商品などに交換できます。

▼Chapter1:マイルについて まとめ ▼

1: マイルはお金と同じ

マイルの考え方

次に、マイルの考え方についてお話ししていきます。

 

まず、マイルの単価についてですが

マイルは百円ごとに1マイルのペースで貯まっていきます。

 

▼Chapter2:マイルの貯め方の3つの方法 ▼

1:フライトで貯める

2:クレジットカード支払いで貯める

3:マイルポイントキャンペーンで貯める

方法1:フライトで貯める
 言葉の通り飛行機に乗って貯める

 

方法2:クレジットカード支払いで貯める:

Carrie
通称 陸(おか)マイラーと呼びます

  • クレジットカードで支払いポイントを貯めて、そのポイントをマイルに変える
  • マイルが貯まるクレジットカードでそのままマイルを貯める
]方法3:マイルポイントキャンペーンで貯める

クレジットカードの入会時期においてマイルやポイントがボーナスで貰う

マイルが貯まるサイトを経由してホテルを予約する。など…

 

 

上記3つの方法で貯めれます。

 

 

▼ Chapter2:マイルの貯め方の3つの方法 まとめ ▼

1:フライトで貯めるのは難しい

2:クレジットカードで貯めるのが最速

3:マイルポイントキャンペーンで貯める

 

Chapter3:航空会社比較 

 

次に、世界3大グループについてお話ししていきます。

 

【 アライアンス】

各航空会社が提携しているグループのことをアライアンスといいます。

 

1・スターアライアンス:ANA
2・スカイチーム:デルタ航空
3・ワンワールド:JAL、ユナイテッド航空

主要グループの中いずれかに決めて

マイルを貯めていくのが効率いいです。

 


 

日本国内ではANAのグループであるスターアライアンスが人気です。

地元の友人
ほとんどの方はANAのマイルを貯めている方が多いよね。


 

ワンワールドのグループに入っているJALでは提携している会社が、少ないのでマイルを貯めても使い勝手が悪いです。

 

ただし、南米やイースター島に行くつもりであればワンワールドのグループで貯めて行くというのも手です。

 

他のアライアンスでは、イースター島に行ける航空会社と提携してません。

 

ちなみに私はデルタ航空を使うことが多く燃油サーチャージがかからない航空会社も多いという理由から

スカイチームのデルタ航空でマイルを貯めています。

 

 

クレジットカードも年会費はかかりますがアメリカンエキスプレスのゴールドカードを使っています。

 

マイルも永久的に不滅上級会員扱いで優先的に、ほぼ待ち時間なく飛行機に乗れます。

 

普通に生活しているとクレジットカードも1枚では足りません。

 

 

締め日や支払日が異なるカードを複数枚持っておくこともお勧めします。

 

自分の旅行プランや行きたい国に合わせた
アライアンスのグループでクレジットカードを選んでマイルを貯めていく。

という考え方で、お得に旅行していくことをお勧めします。

 

クレジットカードの選択基準5つのポイント

  1. マイルで行きたい目的地を決める
  2. マイレージプログラムの決定
  3. 自分の年間決済額を把握(税金など)
  4. 最も自分にとってお得なカードを編み出す
  5. 年会費と付帯サービスでレバレッジを効かせる

▼Chapter3:航空会社比較 まとめ ▼

1:アライアンスの選択
2: 自分にあったクレジットカードを選択

自分にあったクレジットカードを選択しましょう!是非参考にしてくださいね!

Chapter4:マイル旅行型と航空券購入型旅行

次に、マイル旅行型と航空券購入型の旅行についてお話ししていきます。
購入型旅行と違ってマイル型旅行がもたらす

旅行スタイルはとても自由になります。

 

・購入型 出発した空港に戻る
往復チケッットを買うため、滞在日数の上限が決められる

・マイル型 出発した空港に必ずしも戻らなくてもいい。

(名古屋から出発して大阪に戻ってもいい)

途中降機もできる為、1か所だけ行くのはもったいない。

1年前から予約可能

1年間滞在可能
85000マイルあれば世界一周できます。
必要マイル数はマイレージプログラムによって違います。

 

【マイル価格の考え方】

マイルは使い方によっても価値が変動します

マイル単価:現金に換算した時の『価値』を考えます。

 

だいたい

1マイル(エコノミー)= 2.5円
1マイル(ビジネス)=7.0円
1マイル(世界一周)=15.5円

 

となります。

じゃあ、自分が使おうとするマイルの価値が
いったい、いくらなのか計算式があります。

 

マイルの計算式

航空券購入金額÷マイル=1マイルあたりの価値

計算例)

例①:デルタ航空(スカイチーム)
デルタ航空で30000マイル使用し、セブ島にエコノミーで行く。

航空券を購入したら75000円だとします。
75000円÷30000マイル=2.5円

1マイル2.5円(エコノミー)の価値ですが

例②:JAL(ワンワールド)

JALで65000マイル使用し、エミレーツ航空でドバイに行く。
航空券を購入したら45万円だとします。

450000円÷65000マイル=7.0円
7.0円(ビジネス)の価値になります。

【マイル使用の注意点】

・オンラインで購入するには日数が限られている

 


マイルを使っても空港使用税はかかります
このことを忘れる方が多いです。

 

例えば、イギリスのヒースロー空港は
空港使用税が世界一高額で約2万円近くかかります。

 

マイルを使い無料で行けると思ってたら空港使用税がかなりかかったという方もいます

いろんなところに立ち寄ってみたいと思っても

空港使用税のコストもバカになりませんので気をつけてくださいね。

〜上級編〜

マイレージの価値をアップするにはどうすればいいのか?

航空会社によってマイルのカウントが違います。

・エリア制

・距離制

この2点でカウントが変わります。

 

覚えるのも面倒なので電話でオペレーターに電話することで

すぐ教えてくれます。

地元の友人
手数料(¥2000ぐらい)
直接電話すると他の情報もこっそり聞きだせることもあります!

そして、融通も利きます

デルタやユナイテッド航空→マイルのカウントがエリア制なので菱形に飛んだ方がお得
(ストップオーバー1回可能)

 

ANA・JAL→距離制なので直線型(直行でいくのがお得…)

 

飛行距離に注意が必要
*ストップオーバー( Stopover, S/O )とは:途中降機のこと

旅行の途中の乗り継ぎ先で降りてしまって24時間以上滞在し、

その国も追加で泊まって楽しめちゃうわけです♪

 

24時間以上に出る場合:空港使用料がかかる

*トランジット/transit とは乗り継ぎのこと

24時間以内に出るので空港使用料かからない

 

国際的な主要空港では次の飛行機までの時間が24時間近くあるようなことがよくあります。

 

そのため、乗り継ぎ(トランジット)先の国で無料の4時間ぐらいのツアーもあります。

 

注意が必要なのは乗り継ぎ(トランジット)だと手荷物しか持てないことです。

預けた荷物はおろせません。

 

▼Chapter4:マイル旅行型と航空券購入型旅行 まとめ ▼

1:マイル型の旅行は自由がきく

2:1マイルあたりの単価を考えろ!

3:ストップオーバー(途中降機)とトランジット(乗り継ぎ)の違いを知り、より多くの国に行く

4:マイルを使うときは直接オペレーターに電話した方がお得

Chapter5:お得なマイル獲得サイト

 

次に、お得な『マイル獲得サイト』ついてお話ししていきます。

実は
マイルを購入することができます。

 
  • マイル使いたいのに、ちょっとマイル数が足りない
  • あるいは有効期限が近くって使い切りたい。
 

そんな時に便利なサイトがあります。

ANAとJALなどの日本国内のサイトでは購入できません。

 

あまり知られていないお得なマイル獲得できるサイトをお教えしますね。

 

・The Mailage Club(英語)
https://www.themileageclub.com/
ANAマイルが買える秘密のサイトです!

1マイル約2〜3ドルほどで購入も可能です

・rocketmailes(英語)
https://www.rocketmiles.com/

1泊するだけで5,000マイルたまってしまうようなプランもあります。

 

 

英語のサイトですが翻訳機能を使えば、英語が読めなくても大丈夫です。

是非チェックしてみてくださいね

 

▼Chapter5:  お得なマイル獲得サイト まとめ ▼

1:お得なマイル獲得サイトを活用し、マイルを貯めるスピードを加速させる
2:マイルが足りなければ買えばいい

Chapter6:英語がわからなくても翻訳できる方法

次に、英語がわからなくても翻訳できる方法

ついてお話ししていきます。
この方法を知ることであなたは確実に他の方より、お得に情報収集が可能となります。

■英語→日本語
:サイト翻訳:Google Chrome の翻訳機能

メール翻訳:Gmail, Google 翻訳、Excite 翻訳

Google 翻訳

https://translate.google.co.jp/

■日本語→英語 Excite 翻訳

■日本語⇄英語

Weblio 翻訳

http://translate.weblio.jp/

 

おすすめなのが Google Chrome です!

 

サイト内の言語を英語以外でも翻訳することが可能となり様々な言語が翻訳できます。

無料でインストールできますし、 Windows も対応しています。

 

 

▼Chapter6:英語がわからなくても翻訳できる方法 まとめ ▼

1:Google Chromeを駆使し言語の壁を越える

 

 

Chapter7:賢くクレジットカードを選ぶ

次に、賢くクレジットカードを選ぶ方法について説明します。

 
  • ANAマイルを貯めたいからANAカードとか
  • JALマイルを貯めたいからJALカードマイルが貯まりやすい
 

と思っている人たちが多いのですが、それは間違いです。

ANAのマイルを貯めるつもりで
ANAカードを選択しても、他のクレジットカードの方が
ANAマイルの還元率が高いものも多く存在します。

ANAのマイルが貯まりやすいクレジットカードは漢方スタイルというJCBカードです

 

ただし、生活スタイルや1年間の使用金額などによって必ずしもこれが正解というものはありません。

 

しかも、マイルの移行手数料は各クレジット会社でまちまち。

 

入会特典キャンペーンで10,000マイル以上もらえる期間に

入会してマイルだけもらって、1年以内にクレジットカードを解約する

という人たちもいます。

 

地元の友人
こういう王道ではない方法はおすすめしてないけどね。

 

その中でも、

自己アフリエイト経由でクレジットカードを作ると

クレジット会社にもよりますがキャッシュバックを受けることができます。

 

キャッシュバックが数千円から1万円以上のところもあります。

 

自己アフリエイトでお小遣い稼ぎになります。

 

オススメのサイトは

A8.net

http://www.a8.net/

自己アフリエイトを『セルフバック』とも言います

自分が欲しいクレジットカードを選んで自分で購入しキャッシュバックを受けるという方法です

メリット
  • 登録料が無料
  • 条件が合えば報酬が入る
  • インターネットでお金が得られる経験が得られる
デメリット
  • 一度行った会社の商品は再登録できないことがほとんど
  • 一時的な収入
  • 成果の確定後、入金が2ヶ月後ぐらいかかる
  • なれない最初は検索に時間がかかってしまう(と言っても30分程度)
 

IT留学前に知らなきゃ損!お得にApple製品を購入する技


 

▼Chapter7:賢くクレジットカードを選ぶ まとめ ▼

 

1:自分が貯めたいマイレージプログラムと提携しているクレジットカードを選択
2:自己アフリエイト経由で、お得にクレジットカードを手に入れる

Chapter8:税金の支払いをマイルに変える裏技

そして裏技として(税金支払いもマイルに貯める方法)があります!

税金は年間でもかなりの金額を支払わなければいけません

 

しかし、この裏技を使うことでお得にクレジットカードのポイントもnanacoのポイントも貯まります。

 

ダブルでポイントを貯めていく方法です。さらに貯まったポイントもマイルへ交換もできます。

 

裏技手順

⑴クレジットカードでnanacoへチャージ。

(今はクレジットカードのチャージの上限29000円)

 

*現金のチャージは49000円まで可能ですがここでは一手間かかりますが

クレジットのポイントが貯めれるように行動しましょう!

 

⑵納付書を持って行きnanacoカードで決済します。

1回の支払い上限は5万円までなので
(29000円分のクレジットチャージ2回分残金がある場合)

2回に分けて決済も可能です

ここで注意が必要なのは VISAカードではクレジットカードでチャージしても

クレジットカードのポイントがつかないことです。

 

 

 

JCBでしかこの裏技が使えません!ここでは1部のカードについて説明します。

 

年々、nanacoカードへのクレジットカードの還元率は低下傾向ですので

常に最新情報をご自身でアップデートしていってくださいね。

 

 

 

nanacoにチャージできるカードとしてオススメは

・P-one Wiz:年会費無料、還元率0.5%・請求金額から1%値引きあり

Tポイント貯めて、使っている方にも非常に便利です

*注意として最初はリボ払いでしか申し込めないので一括払いへ変更手続きが必要です。

 

 

・漢方スタイルクラブ:マイル移行に手数料かかります
(2015年ごろからnanaco還元率0.25%へ低下)
還元率1.75% 年会費初年度は無料、翌年から1620円

 

・ライフカード:マイル移行手数料0円、年会費無料、還元率0.5%

誕生日月還元率2.5% JCBのみ
nanacoチャージの場合還元率0.25%

 

 

・楽天プレミアムカード:還元率1%、年会費10800円、JCBブランドのみ

プライオリティーパス(399ドル分)無料で取得可能

プライオリティーパスは空港のラウンジが無料で使用可能
(使えない空港もありますので事前にチェックしてください。とても便利です)

私は、楽天プレミアムカードも使っています。

 

プライオリティーパスも申請すると1週間ほどで届きます。

旅行に行く際には必ず、ラウンジも使います。

 

 

Wi-Fiも無料ですし、アルコールや食事まで無料で食べれます。

 



 

▼Chapter8: 税金の支払いを賢くマイルに変える裏技 まとめ ▼

1:クレジットカードとnanacoのポイントをダブルで獲得

2:税金の支払いも一手間かけてポイント獲得

3:VISAカードの提携にしてしまうとポイントは貯まらない!JCBを選べ!

 

Carrie
いかがでしょうか?


 

小さな積み重ねが大きな差を生みます。

 

 

もっともっと、旅行や海外に行って

 
  • いろんな経験をして
  • いろんな人たちと出会い
  • いろんな価値観に触れ
  • いろんな事を感じ
  • 旅行やビジネスで出会った
 

国籍が違う人たちとも対等に

話ができるような環境がみなさんにも訪れることをこころより応援しています!

 

 

ぜひ、グローバル感覚をみなさんにも身につけてほしいと思います。

 

そして、このレポートがあなたの役に立ちますように…



 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください