静岡県島田市のギネス認定世界最長の木造歩道蓬莱橋を渡って厄払い?

こんにちは!中津キャリーです。@TravellerCarrie

今回は静岡県島田市にあるギネス認定された世界最長の木造歩道で有名な蓬莱橋まで公共交通機関を使って行ってきました。

この記事では蓬莱橋を渡ったその先はどんな感じなのか?についても紹介します。

蓬莱橋へのアクセス

公共交通機関

JR島田駅 南口から徒歩で片道約1.5km、ゆっくり歩いて20分ぐらいでした。

アピタ島田店のすぐ近くになるよ

車でアクセスする場合

  • 新東名金谷ICから約20分
  • 東名吉田ICから約15分

無料の駐車場75台

無料の駐車場もすぐ近くにあります。

蓬莱橋の通行料の支払い場所

蓬莱橋を渡る前にチケットを購入してから渡ります。

チケット売り場

蓬莱橋について

蓬莱橋は法律上は農道で橋の下はコンクリートになっているようです。

長さ:897.4m

通行幅 :2.4m

1997(平成9)年12月30日に世界一長い木造歩道橋としてギネスに認定。

渡橋料:大人¥100(自転車も¥100)

天気の良い日には島田大橋側に富士山も見えるのですが、私が訪れた日は雲が多くて見えませんでした。

残念!

でも、大井川と牧之原が見えます。左側には牧之原ののマークが見えます。

語呂合わせ

897.4mの長い木橋=厄なしの長生き

と蓬莱橋は呼ばれているパワースポットの1つですね。

蓬莱橋周辺は工事中でしたが、周辺には勝海舟の銅像もありました。

なぜ勝海舟の銅像が飾られているのか?調べて見た件

1860年徳川幕府の威臨丸の船長として渡米した勝海舟はお茶の商品価値を秘めていることを認識。

1869(明治2)年勝海舟たちの命を受け、中條景昭・大草高重が始動する旧幕臣たちが牧之原大地で1425haの茶畑を開墾した史実があるんです。

牧之原のお茶も勝海舟の力があって今に引き継がれているんですね…

勝海舟の銅像は高さ約2m

犬と蓬莱橋を渡る人も!

蓬莱橋

蓬莱橋を渡ったらワンコと共に散歩している人たちもいました。

Carrie
ワンちゃんも渡れるんだね。無料かな??

蓬莱橋を渡った先には…

蓬莱橋を渡ったら、何もないかと思いきやえいたろうと書かれたお店のガイドの人が蓬莱橋について説明してくれます。

蓬莱橋の後に、どこか行くの?と聞かれて答えると色々教えてくれます。

えいたろう

蓬莱の島台

島台の入り口には天女の像がありオンマカシリエイソワカ

と3回唱えると願い事が叶うとか…

蓬莱吉祥天女

少し進むと蓬莱橋縁結び地蔵が飾られています。

蓬莱橋縁結び地蔵

SNSでも投稿しやすいようにスマホを置いて写真撮影ができるようになっています。

蓬莱橋をバックに写真撮影ができます。#nagaikinohashi

250万年前の化石まで!

愛和の鐘・長寿の鐘などもあって、それぞれ近くに説明書きがあります。

蓬莱七福神

蓬莱七福神というマップもあり,えいたろうの近くには恵比寿天が飾られていました。

時間のある人は七福神巡りもいいかもしれませんね。

蓬莱七福神のマップ

蓬莱橋って英語で何て言うの?

Hourai Bridge

蓬莱橋は海外からの観光客も多い場所です。

蓬莱橋は年間15万人の観光客が訪れる人気スポットです。

蓬莱橋897.4(厄なし)茶屋

蓬莱橋の橋のすぐ近くに蓬莱橋897.4茶屋があり、お茶も楽しめます。

蓬莱橋897.4茶屋

蓬莱橋はロケ地としても有名な場所

  • 朝ドラ とと姉ちゃん
  • いだてん
  • JIN-仁-完結編
  • 男はつらいよ 噂の寅次郎

などのロケ地としても有名です。

まとめ

1月に蓬莱橋に訪れましたが風が強くて、ちょっと怖い感じです…高いところが苦手な方は誰かと一緒にいこうね…

  • ギネスに認定されている
  • 天気が良ければ富士山も見れて最高
  • 厄なしの長生き橋を渡ってご利益!

この記事が誰かの役に立ちますように!

2022年1月下旬の蓬莱橋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUT US
Carrie Nakatsu
No Travel, No Life 本業:(ナース)× ネットビジネス× 1人グローバル起業家。 日本という1つの国にこだわらない生き方・一人でなんでもできる自分力向上を推奨。諦めなければ必ずなんでもできる!をモットーに日々いろいろなことにチャレンジしてます。好きな事は海外旅行・旅行中に出会った空とネコを写真に収めるのが好き。