アイスランド レイキャビク オススメ!観光スポット3選

こんにちは 中津キャリーです。

アイスランドは日本からだと遠くてなかなか行けない..って方が多いですよね。わたしはヨーロッパを回る時にイギリスからアイスランドへ行ってみました。

イギリスからだとたった3時間ちょいです。アイスランドですが意外と日本関わりが深かったりするので驚きです。

アイスランド レイキャビークにオーロラツアー参加することを目的で行って来ました。オーロラを観に行こう!って思っている旅人の参考に..

アイスランドの行き方

イギリス ヒースロー空港(LHR)から アイスランド ケフラビク国際空港(KEF)まで約3時間5分で到着。ケフラビク空港からアイスランドの首都 レイキャビクの市内までバスで移動。

事前にWebからバスの予約も可能。現地でもチケットの購入はできます。市内までは大体1時間ぐらいで到着します。途中、大きなターミナルで各ホテルごとに乗り換えなどがあります。

ちなみに、アイスランドでは鉄道はありません。

アイスランドのバスで有名なのはFlyBus

日本語表記もあるサイト Icelandreamから予約もできます。

 

Gray lineのバスもアイスランドでは有名です。

Gray Line Iceland(En)の公式サイト

Flybus/Flybus+かGray lineのバスをアイスランドでは使います。

言語:アイスランド語

英語もかなりの人が話せます。

 

アイスランドの首都:レイキャビクの位置はどの辺?


【アイスランドの通貨】:クローネ

よく見るとかわいい♡

アイスランドの通貨 クローネ

アイスランドの目的別 オススメ時期

アイスランドの人達はとても気さくで、聞くと色々オススメの場所を教えてくれます。

わたしはオーロラを見るのを目的でアイスランドに訪れましたが、夏のハイランド写真など見せてもらい夏も行きたい!と思いました。

アイスランドにも四季があり、夏限定ツアーなどあって「いつ行こうか?」って迷う時に参考にして見てくださいね!
4〜5月 気温1〜10度

4月中旬までオーロラが見えることも!
日照時間も長め

6〜8月 気温7〜25度 ハイシーズン
夏至6/21頃 白夜が楽しめる(7月末ぐらいまで)
パフィン・鯨などに会えるツアーなど夏限定ツアーがある
6/17 アイスランドの独立記念日
9月〜10月 気温2〜11度 ハイランドのシーズン終了

夏限定ツアーも終わります
11月〜3月 気温−5〜5度 オーロラツアー・アイスケーブ(氷の洞窟)ツアーがある時期
年末年始は花火が打ち上げられるのが人気
♦表はわたしが作ったものですので、気温など参考程度にしてくださいね♪

白夜とは?

北極や南極を中心とする地域で薄明かりや日照時間が長くなっている現象のこと
wikipedia:白夜

レイキャビク オススメ観光スポット3選

1・ゴールデンサークル

ゴールデンサークルとは

  • ゲイシール:Geysir
  • グトルフォス:Gullfoss
  • シングヴェトリル国立公園:þingvellir
をまとめて呼びます。

ゴールデンサークルのツアーは6時間ぐらいで回れます

数分おきに熱湯が吹き出す ゲイシールGeysir:間欠泉

ゲイシールとは英語のgayserという言葉が語源とされています。

ストロッククール:Strokkerという間欠泉が活動的に活動していて、数分おきに熱湯が10〜20mの高さに吹き出します。

日が沈む時に観に行くと夕日に染まった熱湯がキレイでおすすめですよ。

ゲイシール アイスランド

グトルフォスGullfoss

アイスランド語で「黄金の滝」。夕焼けなどで染まる風景も夏と冬では全く印象が違うとガイドさんが言ってました。

近くにはホテルもあります。時間があれば泊まって見てもいいかも。1泊できれば、朝日や夕日が楽しめそうですね。

gullfoss グルフォス

gullfoss

【夕日】

グルフォス

シングヴェトリル国立公園þingvellir

2004年世界遺産にも登録されたシングヴェトル国立公園

「ギャウ:Gyau」と呼ばれる【大地の裂け目】

ユーラシアプレートと北米プレートが見れます。年に数cm東西に開きつつあるそうで世界でも珍しいところです。

”日本ともつながっているんだよ”とガイドさんから教えてもらいました。

日本では

北海道と東北:北米プレート

西日本:ユーラシアプレート
になります。

アイスランドの反対側が日本になります

シングヴェトリル国立公園þingvellir

こんなかわいい石も! 目と鼻も雪でした。

シングヴェトリル国立公園þingvellir

ケリズ火口湖もゴールデンサークルの一つ

ケリズ火口湖が形成されてから約3000年..(wikipedia引用)

夏は赤土が見えるけど冬は凍っててまた印象が変わります。

2・美肌になる!?世界最大の露天風呂ブルーラグーン

世界最大の露天風呂と言われるブルーラグーン。温泉から出る沈殿物の白泥にはクレンジング効果も高いと世界でも有名です。

【効果】

アトピーや湿疹などの皮膚病

【色】

ブルーがかった乳白色

【成分】
  • ミネラル
  • ケイ素
  • 塩分
など

ブルーラグーンの行き方

現地や日本からツアーの申し込みができます。

レイキャビクからは約40分ほどでブーラグーンにつきます。
ブルーラグーンの楽しみ方
ここは男女混浴になるので水着着用で入浴することになります。
  • 温泉の底に沈んだ泥でパック
  • 温泉に浸かりながらゆっくり自然を眺める..
とっても贅沢です。

店内には美容系のコスメも売っていますので帰りにお土産で買って見てもいいかも!

温泉の温度はややぬるめ。長くいてものぼせない感じです。外気は寒いので、気がついたらまつげや髪が白く凍ってました 😯

塩分が含まれているせいか、海水浴に行った後のような髪のパサつきが..ヘアトリートメント持っていけばよかったです..

ブルーラグーン Blue lagoon
blue lagoon

3オーロラツアーのポイント

実はオーロラって英語で言っても通じない!?

実は「オーロラ:Aurora」っていうよりも「Northern lights」と言った方が通じます。9割ぐらいの人は「Aurora」と言ってもキョトンとした顔でした 😳

ちなみに
♣北は「Northern lights」
♣南は「Southern Lights」

です

アイスランドに行って驚いたのがAurora forcast:オーロラ予報 を参考にツアー会社がその日のオーロラツアーを開催するか決定する。ということ

天気予報みたいな感じです。

実際のサイトがこちら



Aurora forcast:オーロラ予測の公式サイト:Icelandic Met Office

Aurora forcastの数字は0から9の10段階に分かれていて、数字が大きくなるほどオーロラの遭遇率はアップ。level 6からオーロラの遭遇率が上がります。

現地ガイドが言うには予報と異なることも多いらしいので100%予測が当たるわけではないそうです。

オーロラツアーなどツアーはホテルの前まで迎えに来ます。寒い中、外で待っておくこともありません。オーロラが出る条件があるので条件が整っていない場合はキャンセル・返金対応もしてくれます。

Iceland gray line's car

オーロラを見に行く前にチェックしよう!オーロラ撮影の注意点

【わたしの失敗談】
  • カメラ音痴:ISO感度とシャッター速度の設定ができるようなカメラが必要
  • オーロラの特性を知らなかった:肉眼で見たオーロラは薄緑の雲のようだった
  • 極寒で途中でバッテリーが切れた:気温が−20〜−30℃だとすぐにバッテリーが切れることすら頭になくツアー途中でカメラのバッテリーが切れた。
 

【オーロラツアー参加時の服装】
  • 綿のズボンなどは履かない。防寒はもちろん、濡れてしまうと凍ってしまうような素材は避けましょう。靴の中にホッカイロを入れてましたが、それでも足の感覚がないようレベルで冷えました。
  • インナーはフリース素材などがベスト
  • 指先がすぐ出る手袋:(厚めの手袋をして行くとカメラのシャッターチャンスを逃しやすいです。)
  • 懐中電灯:周りは本当に真っ暗で懐中電灯になるような物を持って行った方がいい。アプリだとかなり充電が減ると思います。
  • 充電器を持参

オーロラ撮影のおすすめスマホは? HUAWEI

オーロラは最近のスマホで撮影できるようです。オーロラはアクティブだと形が風に揺れるカーテンのようにすぐ変化します。

ライカレンズも搭載されていて、ダブルレンズでかなりのクオリティーのようです。(わたしはiPhoneですが..)

厚手の手袋をしていると、シャッターチャンスを逃してしまう可能性が高いので、指先が動かしやすい手袋しましょう。

寒くても我慢ですw

 
 

オーロラの色の違いに関して詳しく書いているサイトがありましたので参考に!

オーロラの旅 アサヒ・オーロラ教室

レイキャビクの町のシンボル ハトルグリムス教会

坂の上の方に見える高約73mの近代的な印象の教会。街の中を散策するには目印になりますよ。

ハトルグリムス教会

アイスランドの食文化

街の中を見るとお寿司やタイ料理などのレストランなどもあります。どこのお店のスタッフも親切なイメージ 😉

色々なことを教えてもらいました。北欧など同様で物価が高めで野菜などはあまり取れないことも..

長期滞在する人はサプリなど持参してもいいかもしれません。

アイスランドでよく見かける鳥のぬいぐるみ:パフィン

パフィンとはカラフルな、ちょっとブサカワな感じの鳥

ニシツノメドリ:Pufffin

体長:約30cmほど  Wikipediaより引用

 

puffin パフィン

アイスランドに行く前にオススメの映画「LIFE!/ライフ」

映画「LIFE!/ライフ」ではアイスランドの自然を舞台にしています。

いつもの【安定】から一歩踏み出す勇気があれば、そこには未体験の広大な自然・人との出会いが待っています。人生を変える勇気を与えてくれる映画です。

原題: The Secret Life of Walter Mitty

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

LIFE! / ライフ 【DVD】
価格:1000円(税込、送料別) (2018/7/31時点)


 

 

 

アイスランドの地熱発電を利用したエネルギーシステム

アイスランドは火山と氷の国とも言われていて地熱エネルギーを施設やプール、住宅、公共施設、ホテルなどあらゆるところで活用しています。先ほど説明したブルーラグーンも地熱を利用した施設の1つとなります。

暖房も地熱を利用した温水を循環させていて、ホテルの中でも暖かく過ごしやすいです。地熱は電気や暖房などに使用されます。

日本と同じような火山もある環境でここまで地熱を利用できるということは、日本はまだまだ遅れているのかもしれませんね。

まとめ

アイスランドは1年通して見所が満載です。
  • オーロラツアーに行くなら冬
  • 夏の白夜を見たいなら6月下旬頃から
  • 年末年始の華やかな花火を見に行くのもあり
物価も高めなので効率よく行きたいところを回って見てはいかがでしょう♪

アイスランドでは大学で日本語を学べる学科もあり日本人講師と話す機会もありました。

アイスランド人はとてもフレンドリーで親切だったので旅での出会いにいつも感謝です!旅をしていて素敵な人たちに会えるのが旅の楽しみですね♥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください