1年以上海外に行くなら必見!海外転出届の書き方

こんにちは!中津キャリーです。@TravellerCarrie

 

今回は海外転出届の書き方について

日本人
1年以上海外に行く場合、海外転出届ってどうやってやるの?


って聞かれること事が多いので記事にしてみました。

 

 

海外転出届とは

各区役所にある住民異動届に必要事項を記入し提出するだけ。

Carrie
国名を書いたら終わり

 

最初に入国する国を書けばいいだけです。

 

細かい住所なんていりません…

 

基本的に海外に1年以上滞在予定のある人たちが提出。

海外に1年以上行く予定がある(留学・海外旅行)場合も提出できます。

 

ちなみに海外転出届を提出するときに一気に各種保険に関して手続きした方が効率がいいです。

 

海外転出届の出し方

各区役所で書類を提出

海外に行く1ヶ月前〜14日前から提出OK
  • 必要書類
  • 転出届:各区役所にあります
  • 本人確認書類
  • 印鑑
  • マイナンバー
  • 保険証類
これだけ持参すればOK

 

住民票転出日(予定日)の経過後、住民票から削除されます。

 

海外転出届を出す際に各種保険類を一気に区役所で手続きを済ませる

  • 国民健康保険
  • 国民年金・厚生年金
  • 市民税:1期から4期までありますが事情を話すと先に払える
  • マイナンバー:マイナンバーは一生変わらないのですが一旦返納(マイナンバーカードに海外転居のため失効と書かれ戻ってきます。)
  • 印鑑証明:住所の移動とともに無効になる

海外転出することのメリットとデメリット

メリット
  • 国民健康保険など各種支払いをしなくても良い
  • 国民年金/国民健康保険は任意で加入
1/1をまたいで1年以上国外に住居しているとで翌年度の住民税は免除対象

 

国民健康保険の人は出国日まで加入義務があり日本に籍があることになる。

日本の空港はすでに海外扱い。

 

ということからギリギリまで日本の保険が使えることになるため

有効期限が残っているものは区役所に返送しなければいけない

Carrie
私は出国前に有効期限のある国民健康保険をシュレッダーにかけてしまい
事情を説明したら返納しなくてよかったです。

たまたま、健康保険を使うことなく過ごしてたからね。

デメリット
日本に籍がなくなる

 

その他海外転居するにあたって手続きが必要なこと


固定資産税は支払い免除なし

確定申告:自分で一時帰国してするか納税管理人に任せる

NHK解約:結構時間がかかることが多いので海外転居を計画したら最低1ヶ月前から手続き

銀行関連:住所変更しなければそのまま使えます。

Wifi/携帯電話の契約状況確認:時期によって違約金が発生するので!

 

もし、サーバーとか使っていたら海外でも使える設定になっているか要チェック!

 

わたしは海外で使えない設定になっていてXserverさんに助けてもらいました。
Carrie
迅速かつ丁寧な対応にXserverでよかったと思った瞬間です。

 

海外転居一人暮らしの人の場合

・賃貸の解約:大家さんに連絡し退居日の確定

 

和室のある部屋は畳がキレイでも必ず交換が必要なので退去時に数万円必要です。

 

 

Carrie
私が借りていた部屋は2部屋和室で1部屋洋室だったので
畳12枚分×¥4,800=¥57,600。
襖(ふすま)も片面1枚あたり¥3,800とかかかります。

次、借りるときは絶対に和室のないところにしよう!って思いました。
網戸も1枚あたり¥5,000かかりました。

 

 

・水道・電気・ガスの解約

・郵便物転送依頼(1ヶ月だけなら郵便局でとめれます。)

・不用品の処分:結構大型の不用品の片付けに時間が取られました..

 

海外から帰国!【はじめての】国内転入届けと手続きの流れ


 

まとめ

意外と簡単な海外転出届

世界一周や1年以上海外に行く人など必要なことになると思うので参考までに。

 

わからなければ各区役所で確認すれば丁寧に教えてくれますよ。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください